トップページ

夫婦という関係性

何かの縁で出会った男女が、戸籍をひとつにする夫婦という形態になるまでには、テレビドラマや小説で語られるような、星の数ほどのドラマがあるのでしょう。
火花を散らすような大恋愛の末に一緒になった夫婦もいるでしょうし、兄妹のように和やかな雰囲気の夫婦もいます。一度別離を経験したことのある夫婦というのも今は珍しいことではありません。事業や商売の大事なパートナー同士が夫婦になる場合もあるでしょう。
しかしどのような夫婦も夫婦であることに相違ありません。そこには何パターンもの形があるように見えて、実のところ、夫婦の関係性というのはそれほど差異がありません。

ふとした場所で見る、夫婦の何気ない光景が目に留まったことはありませんか。寒い冬の日に、夫が妻に自分の上着を差し出している光景を目にして、仲の良い夫婦と感じるかどうか、その答えはいかようでも間違いではないでしょう。若い夫婦ならば、妻の機嫌を取ろうと少し無理をしているのかもしれませんし、長年連れ添った夫婦なら、互いに目を合わせず無言でも、二人の間には分かり合える優しい時間が流れているのかもしれません。
そのどちらにも共感できるあなたは、夫婦という関係性を少し長く続けてきたのでしょうか。

夫婦というものは長い年月を過ごすことによって進化する生き物ともいわれています。
夫婦で荒波を乗り越えた先には、気が付くと関係性が丸くなっていたという話を聞いたことがありませんか。
夫婦も果実のように青さを脱して熟成されると、不思議とよい香りがしてくるのかもしれません。

Copyright © 2014 現代の夫婦に関する考察 All Rights Reserved.